FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

Patagonia Stretch Rainshadow Jacket: パタゴニア ストレッチ・レインシャドー・ジャケット

2010年から使用していたパタゴニアのレインシャドー・ジャケットの防水性が低下してきた。
このジャケットはしばらくの間絶版だったが、今季に「ストレッチ・レインシャドー・ジャケット」として新たなモデルとして復活したので、買い換えてみた。
以前のモデルと比較すると、生地が柔らかくソフトシェルに近い。
また、胸の部分にポケットが付いて、フーディニのようにポケットの中にジャケットを押し込んで収納できるようになった。
IMG_5998.jpg
ハンガーに掛けた状態でも、以前のモデルの生地の固さはわかると思う。
IMG_5999.jpg
重さは286gとなり、
IMG_5996.jpg
以前のモデルの329gから43gも軽くなった(13%の軽量化)。
IMG_5997.jpg
パタゴニアのレインシャドージャケットの特長であり、使い勝手が良い脇の下のベンチレーションは今モデルにも付いている。
IMG_6001.jpg
また、裏生地が従来のビニール質のものから布のような触り心地の材質に変わったので、汗をかいても従来モデルのように生地がべたつかないようになった。
IMG_6003.jpg
これから冬場の使い心地を試していこう。
楽天市場で最安値を検索!
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/パタゴニア%E3%80%80ストレッチ・レインシャドー・ジャケット/
---------------------------------------------------------------------------------------------------
メンズ・ストレッチ・レインシャドー・ジャケット (Mens Stretch Rainshadow Jacket)
蒸し暑い日の雨、極寒の日の冷たい雨、様々な状況での豪雨など専門家が雨の違いを唱えても、濡れるという本質に変わりはありません。軽量でコンパクトに収納できるストレッチ・レインシャドー・ジャケットが、あらゆるコンディションのあらゆるアクティビティで能率よくプロテクションを提供します。DWR(耐久性撥水)加工と防水性/透湿性バリヤーを施した2.5層構造のストレッチ・ナイロン素材を使用し、カラビナ用ループが付いたチェストポケットに本体を収納可能。ヘルメットに対応するフードはラミネートしたつばを備え、使用しないときは巻いて留めることができます。フロントジッパーとベンチレーションを促進するピットジッパーは水の侵入を防ぐDWR加工済み。左胸のポケットとハンドウォーマーポケットにも水の侵入を防ぐジッパーを使用しています。袖口は生地を最小限に抑えた共布のテープ留めを備え、裾は2か所で調節可能なドローコードが付いています。
http://www.patagonia.jp/product/ms-stretch-rainshadow-jacket?p=84800-0
---------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



Patagonia R2 Jacket: パタゴニア R2ジャケット

昨年買ったアウトドアウェアの中で、最も買ってよかったと思えるのが、このR2ジャケットです。
数あるパタゴニアの製品の中でも人気が高く、ベストセラーになっている製品です。

IMG_0010raw_print.jpg




パタゴニアのフリースには、レギュレーターインサレーションと呼ばれるシリーズがあり、現在R1からR4までの4種類のグレードがラインナップされています(少し前までは、R.5やR1.5なんていうのもありました)。
同社のベースレイヤーであるキャプリーンやウールシリーズと同じように、数字が大きくなるほど保温性が増すように設定されています。
その中でも、最も汎用性が高く、ミッドレイヤーとして人気が高いのが、このR2です。
一番の特徴は、高い保温性と速乾性を両立している点。
近くでみればわかりますが表面は長短の毛を混合してあり、着れば一瞬で暖かく、それでいて空気の抜けが物凄く良い構造になっています。
行動中、暑くなってきても、風抜けが良い構造なので汗がどんどん乾いていきます。

冬の場合、気温0度から10度付近の行動着としては、この下にキャプリーン2を着れば十分です。
休憩時には、上から中綿タイプのアウターシェルを着れば寒くないです。

秋口なんかでは、行動中はベースレイヤーだけでも、休憩時に上に羽織れば体温の低下を防ぎつつ、汗で濡れたベースレイヤーが乾いていきます。


このジャケットはかなり汎用性が高く、山では夏の行動中以外ならいつでも使えるんじゃないでしょうか。
秋と春のアウターとして。
冬のミッドレイヤーとして。
夏には標高が高い場所でのテント泊の際に。


先日、元旦の高尾山にご来光を見に行きました。
そのときは、登山中はキャプリーン2の上からR2を着るだけで十分で、山頂(気温マイナス2度)では上から同じくパタゴニアのDASパーカを着るだけで十分暖かで寒さは全く感じなかったです。
もちろん行動中は汗をかきますが、上からDASを着て保温性を確保していると、濡れていたはずのキャプ2とR2はすぐに乾いてしまいました。

山での着用以外にも、実は普段も着ています。
他社のフリースがいかにもアウトドアウェアー的なのに対し、R2は細身でシャープなシルエットなので、普段着としても全然いけます。
また、毎年色々なカラーが出ているので、(しかもパタゴニアは毎年色やデザインを変えてくるから同じモデルは手に入らなくなる!)このR2に関しては何着も欲しいぐらい。
毛布に包まれているような、あまりにも良い着心地のため、寝ても覚めても着ていたから、いつ洗濯していいかわからなくなった。。。

こんなベタボメのR2ですが、ネックとなるのはその値段(定価23,100円)。
ユニクロのフリースと比べると、あまりにも値段が違う。
ユニクロフリースはコストパフォーマンスとしては飛びぬけて優れていると思う。

そこで最近、部屋着としてユニクロフリースを部屋着として購入しました。
着てみて分かるのが、手を通した瞬間の着心地感と汗抜けの差。
R2は保温性と速汗性を両立しているけど、ユニクロは取り合えずは暖かいけどジッパーが上がりにくいとか濡れたら乾きにくいとか色々不満点が出てくる。
部屋着としては大した問題点ではないけど、アウトドア用として考えるとユニクロは結構不安な点は多いかも。

持っていることの満足感かもしれないけど、R2はいいです。



楽天では、機能的には大して変わらない、カタログ落ちした前年モデルが大幅な割引で販売されています。
人気が高いモデルですので、安いのを見つけたら早めにご購入を。

楽天で最安値を検索


メーカーの製品紹介
****************************************************************************
メンズ・R2ジャケット
シェルの下に着る優れたインサレーションとして、あるいは活動時のアウターとしても使える順応性に優れたR2ジャケットは、山での必須アイテムとなっています。長短の繊維を混在させたポリエステル・ニットは伸縮性と保温性に優れ、通気性と吸湿発散性、コンパクト性を最小限の重量で実現。襟の内側と袖口に配置した伸縮性のあるR1? 素材(リサイクル・ポリエステル60%混紡)は肌触りが快適で、本体のしなやかなR2素材は動きを妨げません。フロントには使いやすいコイルジッパーを使用し、ハンドウォーマーポケットのジッパーは接合済み。肩の縫い目は前にずらしてあるのでバックパックを担いだときも快適です。「つなげる糸リサイクルプログラム」によりリサイクル可能。
****************************************************************************

Patagonia Rain Shadow Jacket:パタゴニア レインシャドージャケット

Patagonia Rain Shadow Jacket:パタゴニア レインシャドージャケット

登山で必須の装備、レインウェアはパタゴニアのレインシャドージャケットの05'モデルを使っています。
重量は369gで、フードの中に全体を収納できるのでザックの片隅に放り込んで気軽に持ち運ぶことができます。
このモデルは他社のレインウェアよりもベーシックな色味使いで割とシンプルなデザインなので、普段使いとしても重宝しています。Tシャツだけでは寒い夏前や夏の終わりにTシャツの上に着たり、秋口にパーカーの上に着たりなど使いまわしがきくウェアです。


IMG_0048raw_print.jpg


IMG_0056raw_print.jpg


長く使っていると、気になるのは撥水性能の低下。
数ヶ月に一度はNikwaxの洗剤と撥水剤を使い、コインランドリーの乾燥機にかけてメンテナンスをしています。

Nikwaxはアウトドア用品店や
楽天市場
で購入できます。

このレインシャドーは毎年様々なカラーを出していて、08年は8色の展開をしています。なので、街着としても色の選択肢が広く、どれを選ぶか目移りしてしまう人も多いのでは。

パタゴニアは自社開発した素材を多用するメーカーで、他社がGore-Texを使用したレインウェアを多く作っているのに対し、このレインシャドーは「H2Noバリヤー」と呼ばれる同社が開発した防水透湿素材を使用しています。
その性能をGore-Texやモンベルのブリーズドライテック、TNFのHyvent-Dと比較したサイトがあったのでご紹介します。
---------------------------------------------------------------
防水透湿性生地の透湿性能比較実験
http://www.geocities.jp/chonai_yama/research/examination.html
---------------------------------------------------------------
透湿性能はGore-Texと同等かやや下回るようです。


また、透湿といっても行動中は汗をかき体が暑くなり、どうしても蒸れてしまいます。そんなときは、脇の下のベンチレーションのジッパーを全開にして新鮮な空気を送り込めば、火照った体を効率的に冷ますことができます。

IMG_0055raw_print.jpg


登山ではなくキャンプでも多用しているのですが、あるときレインシャドーがランタンに触れて部分的に溶けてしまいました。原宿のPatagonia直営店に持ち込んだところ、1,000円程度で補修してくれました(購入したのは直営店ではありません)。


IMG_0052raw_print.jpg



パタゴニアというメーカーは製品の世界保証をしていて、どこで購入しても直営店に持っていけば製品の修理や交換をしてくれます。もし、通販などで購入して、サイズが合わなかったときは自分に合うサイズの製品に交換してくれるようです。
アフターケアが非常に充実している点は、他のメーカーにも見習ってほしいものです。


この、レインシャドージャケットは、国内で流通している正規品とは別にユーロモデルというものがあり、楽天などでは正規品の半額以下で販売されていることもあります(国内定価26,250円)。


楽天市場で最安値を検索!

人気のあるサイズはすぐに売り切れてしまいますので、安かったらすぐに買うことをおすすめします。


************************************************************************
メンズ・レイン・シャドー・ジャケット
室内にいることだけがドライでいるための手段ではありません。すべての縫い目をシール処理した防水性/透湿性プロテクションのレイン・シャドーがあれば、どんなコンディションでもトレイルを楽しめます。H2No ® バリヤーを施した2.5層構造の耐裂性ナイロン素材は軽量でコンパクトに収納でき、デリュージ® DWR(耐久性撥水)加工済み。内側の起伏させたパターンは肌からの水分を外側へ発散し、滑りがよいのでレイヤリングも容易です。ジッパーは耐水性で、ポケットが内側に1つと外側に2つ付いています。ピットジッパーとドローコード付きの裾を備え、袖口には部分的に伸縮性を備えた共布のタブ付き。2つの調節ポイントを備えたフードはヘルメットの着用に対応し、巻いて留めることも可能です。
************************************************************************
プロフィール

chain reaction

Author:chain reaction
登山やアウトドアの日記やアウトドアグッズのご紹介をしていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
【楽天市場】
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク集
BBS7.COM
MENURNDNEXT
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析